【重要】ゲームの起動ができない方は
こちらの記事をご覧ください

​発売記念ボイス(正宗)
00:00 / 00:23

​​同時発売のサウンドトラックはこちら

サイト用バナー作業中.png

Story

Character

00:00 / 00:07
00:00 / 00:10
00:00 / 00:04
00:00 / 00:08
00:00 / 00:05

​サンプルボイス

00:00 / 00:12
00:00 / 00:11
00:00 / 00:11
00:00 / 00:10

​サンプルボイス

00:00 / 00:12
00:00 / 00:10
00:00 / 00:15
00:00 / 00:12
00:00 / 00:13
00:00 / 00:08
00:00 / 00:12
00:00 / 00:11
00:00 / 00:13

Gallary

samp01.jpg

のどか「おひっ、ひぃいぐぅ……な、なんなのこれぇ……」

正宗「うむ。尻で味わうにがうりは美味しいか?」

にがうり?

のどか「に、にがうり……って……」

正宗「沖縄弁で言うところのゴーヤだな」

のどか「ゴーヤ?! えっ?! そんなもの入ってるのぉ……?!」

なんで、どうして、どういう因果で……?
頭の中はパニックだった。

のどか「お、おじさ……んくぅうっ!」

受け入れがたい……と思う。
なのに身体は反応してしまう。
お尻の穴を、でこぼこしたもので擦られるのはたまらなかった。
細かい突起で肛門を刺激されるのは、今の私にとっては快感だった。

samp02.jpg

正宗「お、あうっ……あぁ、あまり強く握らないでくれ……しごくというより、添えるだけでいい……」

のどか「そう……なの?」

正宗「感覚的には、張りつめた粘膜……内臓が出っ張っていて、それが薄い皮に包まれているような塩梅だ。きつくしごかれすぎると、下の臓器が痛い」

のどか「わ、わっ……」

言われて、今更ながらに握っているものの敏感さにびくびくする。

(そっか、臓器……)

確かに、先っぽのほうの色は……口の中とか、そういう感じだ。
それを今直接、手でいじっている。
それはよく考えたら……大変なことだ……。

正宗「竿そのものをしごくのではなく、表面の皮を少し寄せたり、伸ばしたりするような気持ちで……」

のどか「わかった……」

samp03.jpg

正宗「ん……! 少しずつ隆起し始めた……未熟とはいえ性感の萌芽はあるようだな」

のどか「え、え……なんでそんな難しいこと言ってるの……?」

どうしておまんこ舐めてるときに、そんな意味わかんない言葉が出てくるの……?

のどか「もっと、ののにわかる感じで言って……」

正宗「…………」

のどか「あ、ああぁあっ!」

おじさんの唇が、クリトリスに張りついた。

そのまま周りごと粘膜を吸い上げられて、ずじゅる……なんて音がした。

のどか「ひぃうっ、ひ、ひぃあぁあっ……!」

身体に甘い痺れが走った。
おなかの奥あたりからこみ上げて、頭のほうに行ったのとつま先に行ったのがある。
気持ちいい。
でもその感覚が、おじさんに与えられたっていうことが……すごく恥ずかしかった。

samp04.jpg

正宗「……ふ、おまえ、息してないな」

のどか「ふぇ?! えっ、だって……」

正宗「鼻ですればいいだろう」

のどか「え……え、だって、鼻息が……ふんーってなる……」

正宗「……オレに裸、いや穴まで見せておいて、今更鼻息ごときが恥ずかしいのか?」

のどか「お、乙女心……です」

正宗「ふん……」

samp05.jpg

のどか「おじさんも……生まれつき?」

正宗「いや、これは人工だ。オレは夏場は剃毛して過ごすと決めている。そのほうが快適だ」

のどか「テーモー……あ、剃ってるってこと?」

正宗「うむ。このオレ自ら剃刀を入れて清めているのだ」

のどか(それってどんな意味があるんだろう……?)

正宗「剃ると熱や汗が籠もらん。実にすっきりした感覚になる」

のどか「へ、へー」

使えないムダ知識が……。

のどか「でも……そしたら、ののとおそろいだね。つるつるカップル……」

正宗「カップル?」

のどか「……カップル……だよね?」

正宗「……まあ…………」

のどか「ええー?! あっ……!」

なんで、と暴れようとしたのにおじさんに阻まれた。

samp06.jpg

おじさんが私の両脚をがっしり押さえて、お尻の谷間に顔を寄せていた。

それはもちろん恥ずかしい。

恥ずかしいけれど……。

正宗「うむ……改めて眺めると実にあえかなアヌス……ごく薄い色素沈着が、逆に性的な主張をしている」

のどか「うぅ……だから、そんなふうに言わないでよ」

正宗「オレは作家なのだ。それも偉大な。よいと思ったものについては言葉を尽くすと決めている……うむ、おまえの尻穴は美しい。誇っていいぞ。ん……」

のどか「ふぁっ?! あっひぃっ! いや、あぁ、いやぁ……!」

おじさんの舌が、お尻の穴に触れた。

ぬるりと、熱いゼリーみたいなものが、きゅうっと締まった肛門を舐めてくる。

​プレイ動画

Downroad

​体験版

痴者体験版01.PNG
痴者体験版04.PNG

​ゲームの序盤をプレイできる体験版です(Hあり)

​体験版の健全な部分を見られるプレイ動画です

​ツイッター用のアイコン&ヘッダー

icon_nono.jpg
icon_masamune.jpg
parts_nono.jpg
parts_masamune.jpg

Staff&Spec

(C)サキュレント 2020 無断転載禁止

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now